米国食肉輸出連合会ステーキ部員が教えるステーキの焼き方

スポンサーリンク

アメリカンビーフ

アメリカンビーフ

米国食肉輸出連合会で男子ステーキ部に所属する僕が届ける美味しいステーキの焼き方をお教えします。

肉のうまみを楽しむにはレアを断然おすすめします。ということで焼き方はレアをベースとしたレシピを紹介します
ステーキの焼き方

1.調理の30分前に冷蔵庫から出して室温において、焼く10分ほど前に塩をふる。

(冷たいと火の入り方が変わる為、塩が直前の理由は塩の影響で肉のうまみが水分と一緒にでてしまうのを防ぐため)

2.フライパンを煙がでる直前まで熱々に熱する。ステーキを入れ1分強火で焼く。裏返してさらに強火で1分焼く。

3.さらにバターを加え、スプーンでバター肉にかけながら、表面を焦がしつける。

4.弱火にして表1分、裏返して1分焼く。ミディアムレアの場合はさらに1分ずつ。

アルミホイルをかぶせて休ませる方法もありますが、焼いた表面の香ばしさが損なわれるため自分はかけません。

だって、鉄板焼きでステーキ焼いているプロの方って目の前でアルミホイルで保温しないでしょ!?熱々を提供してますよー

厚さ3cm のポンドステーキをベースにしたレシピですので、スーパーで買う1cm程度の肉の場合は3の工程は無くても良いと思います。それ以下が短めに調整してください。
肉の厚さ、脂の入り具合、部位などにより日の入れ方は様々ですので、皆さんも自分の焼き方というのを探ってみてください。

アメリカンビーフ

アメリカンビーフ

スポンサーリンク