うどんにピッタリな器は愛媛の砥部焼がおすすめ。

「旦那めし」ことキッチン通販サイト”kittiri”を運営しているあきひろです。

都内で讃岐うどんを食べるとなると選択肢が多くて困ることもおおいのではないでしょうか?

中央区界隈で私がおすすめするのは谷やさん、そこで食べるうどんは抜群のおいしさ。

さらに器へのこだわりも並々ならぬものを感じています。目で見て、舌で感じて食事ができる大好きな讃岐うどんやさんです。

こちらが谷やさんのうどん。

シンプルな白のうどんに、器の唐草模様が映えますね。

スポンサーリンク

東京カレンダーさんより引用

 

さて、この器いったいどこのモノなんでしょうか?

ググったりとリサーチをしはじめてわかったことが愛媛県の砥部焼という器だそうです。

梅山窯 の七寸尺の「玉縁鉢」(たまぶちばち)の唐草模様の器だそうです。厚みがあってぽってりした丸みが良い。

これを買うにはどうしたらよいのか?

どうやら、東横線の自由が丘にある「砥部焼の浜陶」さんという専門店がありました。

家からは1時間程度ですが、思いったら吉日。

ネット通販もやられているようなのですが、実際に手に取ってみてみなくてはと思い電車にのってレッツGO!!

自由が丘から歩いて5分ほどでしょうか?東横線の踏切近くにある「砥部焼の浜陶」さんへ到着しました。

展開!はやっ!

砥部焼の浜陶

 

お盆期間中という事なのか、砥部焼というニッチな商材の為か、店内には店主の方か1名のみ。

こういったこ先客のいない、こじんまりした店に入るのは苦手なのだけれど、そんな悠長なことは言っていられないので、いざ入店。

全て砥部焼。うんうんとっても雰囲気が良い!

目当ての梅山窯の唐草模様以外にもたくさんある。

 

たぶん1時間以上店の中にいたんじゃないかな?

購入したのはこれ!

梅山窯 の七寸尺の「玉縁鉢」(たまぶちばち)の唐草模様の器だそうです。厚みがあってぽってりした丸みが良い。

 

砥部焼

 

器をつかって、今日は冷やし讃岐うどん。

ゴーヤの季節になってきたしゴーヤのかき揚げに、大好きなちくわ天。大葉もさっと天ぷらにして。

大根おろし、しょうが、へべすを絞って出来上がり。

見た目は一丁前でしょ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あきの旦那めし 365days?! cookingさん(@akihiroy)がシェアした投稿

 

唐草

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【砥部焼 梅山窯】内からくさの玉ぶち鉢(6寸)
価格:3024円(税込、送料別) (2019/8/13時点)

楽天で購入

 

 

赤太陽

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【砥部焼 梅山窯】赤太陽の大皿(7寸)
価格:2376円(税込、送料別) (2019/8/13時点)

楽天で購入

 

 

なずな

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【砥部焼 陶彩窯】なずな文の古砥部深皿(5寸)
価格:2808円(税込、送料別) (2019/8/13時点)

楽天で購入

 

 

そば猪口

 

スポンサーリンク