昭和初期の喫茶軽食 桃乳舎(とうにゅうしゃ)

中央区茅場町の東京証券取引所の近くにひっそりとたたずむ喫茶軽食の桃乳舎(とうにゅうしゃ)さんへ行ってきました。

スポンサーリンク

昭和初期の喫茶軽食 桃乳舎(とうにゅうしゃ)

 

創業は明治22年らしく。創業当初は牛乳販売所でそのあとにミルクホール(主に牛乳を提供する事を目的とした飲食店)となったそうです。

その由来から店名が桃乳舎と乳がはいるみたい。

ショーケースはたぶん入れ替えなどはしていないのでしょう。。。でもこれがまた味わい深い。コーラの瓶やフロートがいい雰囲気を出しています。

今日現在は喫茶店の営業はお休みしているようで(ドリンクの価格表が倒されていた)、洋食屋さんとして営業されています。

昭和初期の喫茶軽食 桃乳舎(とうにゅうしゃ)

テーブルのメニュー表を見てびっくり。なんという安さ、、、ここ中央区茅場町ですよ。すべて500円ぐらい。壁にランチメニューもありました。カキフライが720円だったかな。それでも安い。

昭和初期の喫茶軽食 桃乳舎(とうにゅうしゃ)

頼んだのはハンバーグライス520円

昭和初期の喫茶軽食 桃乳舎(とうにゅうしゃ)

 

かたちは凸凹していて、何物にも迎合していない感じ。わが道を行く懐かしい味。おいしい。

メニューの安さも際立ちますが、こんな雰囲気でランチがいただけるなんて昭和初期にタイムスリップしたようです。またきますー。

昭和初期の喫茶軽食 桃乳舎(とうにゅうしゃ)

 

住所: 東京都中央区日本橋小網町13-13
アクセス: 東京メトロ日比谷線/茅場町駅 徒歩4分 (303m)
電話番号: 03-3666-3645
営業時間: 月~金 11:00~16:30
定休日: 毎週土曜日、毎週日曜日、祝日

スポンサーリンク